2013年10月07日

マニュフェスト大賞優秀賞を受賞しました

全国の地方議員、首長のマニュフェストや、その活動を 推進した市民らを表彰する『第8回マニュフェスト大賞』に、今回は過去最多の1537団体・個人から2108件の応募があり「優秀賞」40件のうち、逗子市議会ICT推進部会は「優秀ネット選挙・コミュニケーション戦略賞」を受賞しました!


【逗子市議会ICT推進部会 】

クラウド文書共有システム(タブレット端末+クラウドコンピューティングシステム)議会で導入が少ないタブレットを議会に導入。事務局職員の負荷を増やさないため、有志議員で「ICT推進部会」を発足させ、facebook で情報発信するとともに、タブレット操作が苦手な議員にも個別に対応し、ICT化を議会全体で推進している。

http://www.manifestoawards.jp/

今回の応募にご協力いただいた関係各位に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。これからも力を合わせて頑張ります!!

今日は、神奈川新聞から取材があり、みんなでアロハを着用して写真撮影をしました。

mani.jpg
posted by nagashimayuri at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

一般質問の内容について

昨日、私の第3回定例会の一般質問を行いました。

質問内容と行政からの回答(※一部要約)を掲載いたします。

@病児保育について

平井市長は来年で8年目を迎えます。この間、病児保育については、その必要性を認識しつつも国の動向を見定めながらとし、すでに7年が経過しました。
現状の課題、事業が実施できない障壁は今何であるとお考えか市長に伺います。

Q病児保育は、仕事と子育てを両立させるためにはライフラインとして必要不可欠な政策である。
県内では19市中13市がすでに病児もしくは病後児保育の事業を実施している。
施設型の事業はコストがかかるため逗子市の財政状況からは厳しいが、シッター型の補助事業であれば初期投資もいらず、実現可能ではないか。
とくに、ファミリーサポート事業では、すでに病児の預かりを実施しており、また支援会員の中には看護師資格をもった方もいる。このファミリーサポート事業を病児保育事業としてきちんと位置づけることはいかがか?


【回答】
シッター型の補助事業については、葉山町、藤沢市などで実施している。
近隣市の取り組みも調査し、事業化に向けて検討したい。

A里親制度の支援について

様々な事情で実親の養育が望めない場合は、子どもにとって安定し継続した家庭的な養育環境を用意することが必要です。
本市においては、妊娠届出時にアンケートをとり、望まない妊娠にチェックをつけたいわゆる特定妊婦の方には支援を行っているということであったが、具体的にはその後どのような支援を行っているか?

Q平成23年には厚生労働省の里親委託ガイドラインが一部改定されたが、この改定のポイントは何か?
また現場の職員はこのガイドラインを実践に活かしているか?
里親制度と特別養子縁組制度の違いは何か?
実は、望まない妊娠をした女性は役所に行かずに、妊娠、出産、費用などとインターネットで検索して、中絶や出産以外の選択肢として里親や特別養子縁組の制度を知るといわれている。
逗子市でもサイト上にこうした制度の周知に向けて解説のページをつくるべきではないか?
産まれてくる子どもにとって、親が育てられないということは命に関わる。
親の虐待で命を落とす子どもは新生児や0歳児に多い。
妊娠中から相談にのり、「産んでも育てられない」という相談を受けたケースでは、育ての親へ橋渡しをすることは、虐待を未然に防ぐことにつながる。
児童相談所は今虐待対応で手一杯である。このマッチングの大事な役割を自治体がしっかりと担うべき。

【回答】
そのような相談を受けた場合には、窓口で里親制度等の説明を行っているが、現在までに児童相談所につなげたケースは0件である。
個別の事情をしっかりと把握して必要に応じて対応していきたい。
里親制度と特別養子縁組制度の違いについては、里親制度は育てられない親のために一時的に子ども預かり養育し、親権は産みの親にある。特別養子縁組制度では、子の親権もすべて育ての親に移譲し、戸籍上も親子となる。逗子市のHPにもリンクを貼るなど制度の周知に努めていく。

B文化の薫るまちづくりについて

自然と調和した文化や歴史が感じられる街並みしていくための景観計画が施行されてから約1年半が経過しました。
駅周辺地区の看板の景観規制に関しては、どのような成果が上がっているか?
今後は県内でも藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、小田原市といった景観まちづくりに先進的な自治体が制定しているように市独自の屋外広告物条例を制定し、さらに良好な街並み形成に努めるべきと考えるがいかがか?
また、街並みに貢献していると思われる店舗については、景観賞を創設し、積極的に市が表彰すべきと考えるがいかがか?(他、電線類地下化、新宿歴史的景観保全地区の街並み形成について質問しました)

【回答】
景観計画は規制型ではなく誘導型であり、即効性はないが今しばらく景観計画の運用で取り組みを進めていきたい。駅周辺地区の看板については、景観計画の事前協議の中でかなりの店舗のご協力いただいている。
また、今年は海の家の看板規制についても、県条例を適用し差し替えるなど景観誘導を行った。
景観賞については、創設に向けて検討したい。

CICT政策の推進について

今年の夏、私はノルウェーのクバム市に視察に行ってまいりました。
北欧では国民総番号制度が早くから導入されており、ほとんどの行政サービスがインターネット上で受けることができます。そのため、市役所は午後3時には閉庁。本庁の職員は少なく、その分福祉の現場などに職員を手厚く配置するなどの人員管理をしています。日本においても、マイナンバー制度の関連法が可決し、平成28年から番号の利用がスタートすると予定されています。本市における取り組みはどのように進めていくのかお尋ねします。
また、本市では4月にHPをリニューアルし、CMSを導入したことで、更新作業の改善が図られました。
今後は庁内の電子化を進め、また市民に開かれた市政になるために、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)にもより力を入れていくべきだと考えますが、市長のご所見を伺います。
(他に、オープンガバメント、シニア向けソーシャルメディア講座、逗子市公式FBページについて質問しました)

【回答】

国のロードマップに従って平成28年から番号の利用開始を予定している。
情報の危機管理やリスクマネジメントといった整備から始め、全庁的に取り組んでいく。
オープンガバメントについても先進自治体を視察し、調査研究していく。
posted by nagashimayuri at 15:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

明日の質問原稿作成しています。

役所に残り明日の一般質問の原稿最終チェックをしています。

特別養子縁組の支援については、児童虐待を防ぐためにも一番取り組まなければならない施策であると私は考えています。逗子市は政令市ではないので、児童相談所をもっていませんが、一番情報が集まっているのは市町村です。市町村がなぜ、特別養子縁組支援を政策として実行しなければならないのか?

そのことについて、しっかりと一般質問の中で必要性を訴えていきたいと思います。

質問を作成する中で、NPOフローレンスの駒崎さんのブログのこんな記事を見つけました。
実にこの問題の要点を押さえているところはさすが・・!
是非たくさんの方にご覧いただきたいです。

http://www.komazaki.net/activity/2013/06/004341.html
posted by nagashimayuri at 19:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

第3回定例会報告

第3回定例会も各常任委員会が終わり、残すところはほぼ一般質問のみとなりました。

iinkai.jpg

私が委員長を務める総務常任委員会では、今回6,789人の署名がついた海の家に関する請願書「逗子海水浴場の海の家でのライブハウス及びクラブ営業の全面禁止を求める請願」(全会一致で可決)、また「安全で快適な逗子海水浴場の確保に関する条例について、海の家への音楽全面禁止の条例化および規制強化を再考し、飲酒行為の制限を主軸とする方針への変更を求める陳情」(全会一致で可決)と、「逗子海水浴場の治安と風紀の改善、及び海浜文化の保全と創出を求める陳情」(賛成多数で可決)が提出され、それぞれ可決されました。

逗子海岸の治安改善について、多くの市民がそれを望んでいることを受けとめています。

市としてどこまで何を規制すればよいのか。

逗子海岸の環境改善というのは、簡単にみえて実は権限がいろいろと複雑です。

例えば、海といっても海域は国、海岸の管理権は神奈川県、海水浴場の開設・管理は逗子市、そして、海の家については逗子海岸営業協働組合など、多岐にわたります。

このため、逗子市と逗子海岸営業協同組合を中心に、逗子警察署とも綿密な連携を取りながら、多くの人たちが安心して楽しむことのできるビーチにできるよう、しっかり誘導していきたいと考えます。


さて、私の一般質問は10月3日午後13時からを予定しています。(若干時間はずれる可能性もあります)

今回は、、

@病児保育について

A里親制度の支援について

B文化の薫るまちづくりについて

CICT政策の推進について

を登壇して質問する予定でおります。
(質問の詳細については後日記載いたします)

こちらのインターネット中継からご覧いただけますので、
ご関心のある方はご覧いただけましたら幸いです。

http://www.discussvision.net/zushisi/3.html
posted by nagashimayuri at 18:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

議会改革とは何のためか?

昨日は、地方政府研究所主催の議会改革講座に参加してきました。

流山市の松野豊議員から議会改革について実践的な方法論を学んだあと、グループに分かれて『住民に信頼される議会になるにはどうすればよいか?』というテーマに基づきダイアログしました。

IMG_0779.JPG
(全国から集まった地方議員)

私のグループからは、例えば、議案に対しての賛否は〇×だけでなくその理由まで述べWeb上で公開でする。一般質問は批判するだけでなく、政策課題の解決策までも提案するソリューション型質問にする、などなどの具体的な改善策を提案しました。

gikaikaikaku.jpg

最後に、マニフェスト研究所の中村健氏からは、「議会改革というのは、つまるところ、それを行ったことでどういう風に市民の暮らしが良くなったのか?改善前と後で何がどのように変わったのか?それをきちんとチェックし、かつ見せていくことが大事」とのご提言をいただきました。

たしかに、私もさまざまな政策提言をしてきたものの、その政策が実現し、市民の暮らしが具体的にどう変わったのか?までのすべての検証まではできていませんでした。

これを機会にきちんと見直していきたいと思います!

議員は、高度な専門性が求められる職でありながら、なかなか研修のようなものはありません。
そのため、こうした講座に自主的に参加し勉強を続けていきたいと思います。
posted by nagashimayuri at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。