2013年07月31日

逗子海水浴場の安全対策について

本日は7月14日に逗子海岸で起きた殺傷事件について、臨時の全員協議会が開かれました。

zenkyou.jpg

事件が発生してから、私も県議会議員、県警とともに週末のパトロールに参加したり、関係者からヒアリングを行うなど、現状置かれている逗子海岸の全体像を把握しようと努めてまいりました。

本日は多数の議員から、今の逗子海岸の危機的状況、改善すべき点について様々な提言がなされました。

私からは、条例による規制の強化、また海の家の審査を組合だけでなく市も関与するよう提言しました。

市長、及び行政当局からは、来年の夏までに規制を強化する条例を制定すること、また今年の夏に関しては、機動隊によるパトロールの強化、入れ墨(タトゥー)の入店禁止、クラブイベントの自粛を海岸組合に要請していくということでした。

明日から8月に入り、本格的な海水浴シーズンとなります。

今回のような事件が起きないよう、逗子海岸を市民のみなさんが安心して利用することのできるように、市議会としても今後も対策について引き続きしっかりと協議してまいりたいと思います。
posted by nagashimayuri at 19:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。