2013年03月14日

逗子市の津波対策。

さて、報道等でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、逗子市の津波対策が全国的にも珍しいということで注目されています。

IMG_5355.JPG
(3月6日NHK首都圏ニュース)

IMG_5358.JPG

『津波避難経路表示シート』
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20130227ddlk14010191000c.html
これは、昼間の太陽光を蓄え夜間に発光する「蓄光表示材」を使用し、停電により街中が真っ暗になってしまっても見える仕組みになっています。

このシートを路面に貼り付け、津波避難ビルへの案内を促しています。

現在は逗子海岸地域と小坪地域に貼られ始めています。
小坪地域ではこのシートの設置を機に、夜間の津波避難訓練についても検討されているということです。

逗子市では、来年度予算においても、備蓄食料や医療資機材など様々な防災対策を盛り込んでおります。

また、先日の予算委員会で私も質疑いたしましたが、津波避難ビルについては、震災前の4ヶ所から38ヶ所へと大幅に指定を増やしています。

img006.jpg


現在も建設予定のOKストアさんからご承諾いただくなど、新規の津波避難ビルを増やすため防災課では日々協議を進めております。

こちらの逗子市の防災課HPより、津波避難ビル一覧についてはご覧いただけます。
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/bousai/plan/jissiyouryou.pdf

なお、3月30日、31日に全戸配布予定の広報ずしに新たな津波避難ビルなどが記載された津波ハザードマップが折り込まれていますので、是非ご一読いただき、永久保存版として保管ください!!





posted by nagashimayuri at 16:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。