2012年05月23日

給食食材放射能事前検査

本日のヤフーニュースより----------------------------------

福島県郡山市は22日、同市の養豚農家の豚肉から、食品衛生法の基準値
(1キロ当たり100ベクレル)を超える同107.2ベクレルの放射性セシウムを
検出したと発表した。農林水産省によると、豚肉から基準値を超えるセシウム
が検出されたのは初めて。

-------------------------------------------------------

逗子市においては、保護者の方からのご要望も強く、公立保育園において、
給食食材の放射能事前検査を今年の4月から実施しています。
まずは、幼時期においては摂取量が多い牛乳から。
そして土に含まれるセシウムを吸収するといわれている根菜類など、
一週間に一品目ですが検査し、検査結果を公表しています。
↓検査結果はコチラから
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/hoiku/houshanou/houshanozizen.index.html

また報道等にありましたとおり、鎌倉市では横浜市に次ぎ学校給食に県内冷凍ミカンを自粛するという発表がありました。逗子市としては今後、提供予定のミカンを事前検査に出して結果を踏まえた上で検討したいとの回答です。

本日の記事にもあるように、放射能の問題はいまだ解決する問題ではありません。
とくに乳幼児のお子さんをお持ちの保護者の方は不安を感じていることと思います。
こうした検査により少しでも安心した食材の提供ができればと思います。

また、あまり知られていないのですが、簡易放射器の貸し出しも無料で行っています。
これまでに約100件近くの貸し出しがありました。
市役所にお電話いただき予約をしてください。(0468-73-1111)
当日は身分証明書が必要になります。
posted by nagashimayuri at 00:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。