2012年02月24日

平成24年度予算議会

平成24年度第一回定例会がスタートしています。

本日は平井市長より、平成24年度の施政方針演説及び
予算提案説明がありました。
市の一年の行方を決める非常に大切な内容です。

新聞報道等にもあるように、
本年度一般会計は前年度に比べ12.8%増の
198億5,600万円と実質過去最大規模の予算案
となりました。

ごみ焼却施設改修、第一運動公園、小坪飯島公園、
池子市営住宅、小坪大谷戸会館などの公共施設の
再整備事業が集中することなど主なが要因です。

一方、歳入については市税収入が4年連続の
マイナス計上となり、前年度比0.3%減の94億
2400万円を見込み計上となりました。

このような厳しい財政状況の中、
不足分については市債で補うことになります。

昨年度私は、電気自動車リース料、
情報戦略アドバイザー、第一運動公園整備事業と
3つの事業に対し、予算案の修正可決に賛同し、
予算を減額修正しました。

本年度も厳しい財政状況に
変わりありません。

あれもこれもの時代から、
あれかこれかの選択の時代に
なっていることを痛感します。


議員の仕事として、税金の使い道を厳しく
チェックする事が大きな役割であると認識しています。


本日の市政方針演説では、行財政改革についても、
ごみや学校給食、窓口業務の委託化、
文化プラザや逗子アリーナなどの指定管理者制度
の導入などについて、来月末までにロードマップを作成
するとしていますが、こうした財政改革が絵に描いた餅で
終わらないように、実効性をもった行政計画と
なっているかどうか。


また新規事業についても、限りある予算の使い道として、
優先順位は適正か、費用対効果などについて、
しっかり審査してまいりたいと思います。



posted by nagashimayuri at 15:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。