2011年05月23日

芸術祭が残すもの

21日は、文化プラザで行われた「芸術祭をつくろう!会議」に出席してきました。

市民有志で始まり今年で19回目を迎えた葉山芸術祭。
今年は逗子市からも数多くの出展がありました。
15日に終わった今年の葉山芸術祭の統括を中心に、逗子、葉山の芸術祭や文化イベントに関わっている方達だけでなく、金沢文庫芸術祭、大磯芸術祭、群馬県中之条町ビエンナーレなど各地から芸術祭に関わっている方達が駆けつけました。
地域住民発アートイベントが、今後の地域発展にどのように貢献するかについて長時間の議論がなされました。

実行委員が私と同年代ということで特に印象に残ったのが『中之条ビエンナーレ』です。
この群馬県中之条町では、以前から伊参スタジオ映画祭など文化イベントに積極的に町が取り組んでおり注目はしていたのですが、近年また進化を遂げていたことに改めて感銘を受けました。
内容については、私の拙い文章で説明するよりも、HPをご覧いただくか、できれば実際に足を運んでいただくのが一番かと思います。

 [中之条ビエンナーレ]〜温泉+故郷+アートの祭典〜
 http://www.nakanojo-biennale.com/
 chirashi20110305.jpg

総合プロデューサーの山重さんは、「アートで飯を食うことは日本では厳しい。作家が作家として生きられる場所をつくりたかった。また、群馬の過疎化はものすごい勢いで進んでおり、地域興しという面でもアートを通じて実現したかった」などと話されていました。
実際、イベント開催後は人口の倍以上の観光客がこの街を訪れ、地元住民の方にも深い理解と協力をいただいているそうです。

さて、逗子では、葉山芸術祭の協力企画としてGW期間中に『第2回逗子海岸映画祭』が行われました。

 [逗子海岸映画祭]
 http://cinema-caravan.com/?category_name=zushi-beach-cinema
 110429_1834_01.jpg  110429_1824_01.jpg

主催の長島源さんは、「子供たちが逗子海岸で映画を見て楽しかったなという思い出がつくれたらいい。」などと話されていました。 
「映画で街と人をつなげていきたい」というコンセプトのもと、赤字覚悟で設営や運営スタッフもその道のプロの方達が主催目的に賛同しほぼボランティアで支えています。


私はこうした文化イベントというのは、「人と人とが感動を共有すること。そしてその感動のシェアをした場所に人々が愛着と誇りをもつこと」が大きな価値だと捉えています。

クラシックのコンサートをハコの中で鑑賞するのではなくて、映画を海岸で見る。

美術館で絵画を見るのではなく、まちなかがギャラリーのようになっている。

例えば、逗子海岸映画祭でいえば、家族と友達と見知らぬその場に居合わせた誰かと、映画を見て感動をシェアした海岸は、いつもの海岸ではなく特別な海岸になったはずです。

このように、まちなかでのアートイベントを通じて、地域の魅力や誇りを内外の人が発見し、人と人とのつながりが生まれ、こうした取り組みが連鎖的に広がっていくことが今後の持続可能な都市を目指す上で必要不可欠だと考えます。

前述の中之条ビエンナーレのスタッフは実は、逗子市民でした。

逗子での場所が見つけられないとのことで中之条町へ移住されたとのこと。中之条町では芸術家を嘱託職員として採用し、「バス停や街灯のデザインを作れ」と入内島町長がリーダーシップを発揮して、まちの随所に画一的なまちづくりからの脱却を強く意識していると聞きました。

まず考えるより、走り出す。

そして、走りながら考える。

このことを彼らから教わった気がします。

 110521_1710_01.jpg
 (左から産形さん、長島、浦部さん、山重さん、源さん)
posted by nagashimayuri at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。