2011年04月28日

逗子市の放射線量、水道水の放射濃度について

市民の方から、逗子の大気中の放射線量は本当に大丈夫なのか?
洗濯物は干してよいのか?
水道水は飲んでも平気なのか?
といったご質問を多くいただいております。
とくに、小さいお子さんをもつご家庭では不安が大きいことと思います。

逗子市では、昨日から市のHPに大気中の放射線量を簡易計測器で測った数値を公開しております。
これまでは、神奈川県が横須賀市や茅ケ崎市などでモニタリングしている数値を参照するしかありませんでしたが、市独自で計測した数値をみることができるようになりました。
数値はこちらからご覧ください↓
(これまでに健康に被害の出る数値は検出されておりません)
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/bousai/houshasen.html

雨天の場合は県の数値をご参照ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/sys/bousai/portal/6,3982,14.html

しかしながら、この計測器は、屋上に設置してあり鍵がかかっているため一般の方は見ることができません。

データはHPで公表していますが、インターネット環境にない方もおります。

そこで市民の方にリアルタイムの数値をいつでもご覧いただけるようオープンな場所に計測器を設置するよう要望いたしました。
(※消防本部から回答があり、携帯可能なサイズなため防犯上公開設置は難しいが、見学希望の方にはご案内しますとのことです)
是非この目で確認したいという方は、桜山の消防本部へ。

s-keisokuki.jpg


また、水道水については、逗子市の水道は寒川浄水場から各ご家庭へ送り出されております。

寒川浄水場の検出結果はこちら
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kigyosomu/kensuikekka.htm

こちらをご覧いただくと、3月22日〜3月24日かけてヨウ素が検出されています。

1歳未満の乳児については、放射性ヨウ素が100ベクレルを超える場合には、水道水の摂取を控える必要があります(成人は300ベクレル)。

3月には22日に67.8ベクレル、23日には51.8ベクレル、24日には10.3ベクレルがそれぞれ検出されましたが、3月25日以降4月27日まで間は検出されておりません。

また、寒川浄水場で不検出とされるのは、ゼロということではなく9ベクレル以下であれば不検出ということです。

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p137743.html

今後万が一健康被害が出る数値が検出された場合は、直ちに緊急対策会議が開かれ市町村にも緊急通知がされます。

これからも、放射性物質の影響については情報収集に努めます。

もう少し詳しいQ&Aについてはこちらを。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kigyosomu/kensuikekkaqa.htm

また個別の疑問にも水道局でお応えしておりますので、
不安な方はご確認いただくようお願いいたします。
【企業庁浄水課 045-210-7282】
posted by nagashimayuri at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。