2011年04月13日

臨時議会

昨日臨時議会が行われ全会一致で補正予算が承認されましたのでその主なものをお知らせします。

平成21年から暫定的に出産育児一時金を38万円から42万円助成していましたが、これを今後も恒久的措置とするために条例改正されました。
出産にかかる費用としては、全国的には約47万円、関東平均では52万円程度ということ。出生率向上のためにはさらなる助成が望まれますが、現状では県内一律で42万円の補助になります。

また、このたびの震災で消費した備蓄食糧や発電機に使用した燃料を補充するため、また備蓄資材を被災地に送るなどした分として191万7千円が補正予算として計上されました。


また、平成23年3月4日以降接種を見合わせていた「小児肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチン」の接種が厚生労働省で安全が確認されたため4月1日より接種が再開されます。逗子市では今年度より助成費の予算が組まれておりますので、逗子市内の0歳から4歳の乳幼児は4月1日より無料で接種できます。
安全性については確認されていますが、詳しくは厚生労働省のホームページもご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016yw1-img/2r98520000016yxi.pdf
posted by nagashimayuri at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。