2013年04月15日

最低敷地面積について

今回、私の新聞をご覧になった方からいくつか最低敷地面積についてのご意見をいただきましたので、掲載させていただきます。

-------------------------------------------------------

土地の分割制限については充分なインフォームドコンセントを前提としたゾーンニングにより市民全体の納得感をもって進めていくのが絶対の条件だとおもいます。
但し、私は反対の立場にあり、その理由のひとつは、そもそも分割制限の必要性の根拠がよくわからないからです。そもそも、土地を細分化すると景観が乱れるのか?植栽がないと景観にマイナスなのか?土地にゆとりがあることが良い景観なのか?
景観が今回の土地分割制限の主要な理由であるならば、個人の財産権を重視すべきと考えます。景観という市のいうところの公共の福祉は、土地の分割制限なくとも実現できると考えるからです。確かにわが国の憲法は個の人権を制限できる場合として、公共の福祉を守ることを挙げてます。今回の逗子市の考える公共の福祉たる良い景観とは大きなゆとりある土地のことでありしたがって分割制限でしか守れないという種類のものなのでしょうか。そうならば分割制限は是とされるべきとおもいます。でも、良い景観とは、そのような定義があてはまるものではなく、したがって、その他の方法でも守るまたはつくることができるはずのものと考えます。
(Kさん 30代男性)

-------------------------------------------------------


敷地面積の最低限度規制は賛成です。鎌倉や逗子の町並みを大切にして欲しいです。開発業者からすればミニ開発にして建物で利益を取りたい考えがありますが、田園調布や芦屋みたいに町並みを大切にし、価値を損なわないで欲しいです。でも、若い一次取得者はなかなか建売を買えないので、若い人が少なくなると町の活気は落ちてくるという難点もあります。ですが、目先の安さにとらわれず、良い街はずっと価値があると思います。
(Yさん 30代男性)

-------------------------------------------------------


以上、お二人のご意見をご紹介させていただきました。
貴重なご意見ありがとうございました。


さて、敷地面積の最低限度の指定についてですが、これは都市計画法決定により、地方自治体の長に最終決定をする権限があります。

予算や条例とは違い、議会には決定権はありません。

この件に関しての議員の権能は、市長や行政の担当職員にみなさんの声を届けることが仕事です。

その上で、私の考え方としては、@景観行政やまちづくりの観点から、Aまちづくり条例逃れ防止、主に二つの理由で、最低敷地面積の制度自体は必要だと思っています。

しかしながら、他方で敷地分割については、披露山庭園住宅のように、最低敷地面積が導入されているような場所と、すでにかなり細分化されてしまっている地域など、逗子市内でも異なります。

このため、制度導入にあたっては、ゾーニングと合意形成をしっかりと図った段階でのタイミングが重要であると考えています。

まちづくり課ではこれまでも、説明会を重ねてきましたが、さらに細かく自治会単位で出向いて、現在説明会を行っております。

今後の説明会の現時点での予定はコチラ↓
(※詳細については事前に各自治会へお問い合わせください)

○4月
・21日  披露山庭園住宅団地管理組合法人
・28日  東逗子第二団地自治会
○5月
・4日 小坪区会
・5日 桜山番合谷戸自治会
・11日 沼間3丁目自治会
・11日 亀が岡自治会
○6月
・23日 逗子南ヶ丘自治会

※なお、この説明会は、自治会の皆様にお願いし役員会や理事会の場で30分程度の時間をとり行っているものです。そのため会議の性質上、参加できないこともございますのでご了承ください。
なお、説明会をご希望される場合はお出かけ円卓フォーラムという制度がありますので、まちづくり課で別途対応いたしますのでお問い合わせください。

【お出かけ円卓フォーラム】
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/kouhou/top/entaku.html
日ごろ知りたかった市の仕事や行政制度について、職員が皆さんに説明をした後、皆さんと職員がともに考え学び合う、お出かけ円卓フォーラムを開催しています。

対象
概ね10人以上のグループ、自治会等(学校や企業も含む)
開催日時
平日の10:00〜21:00  休日10:00〜17:00
開催時間
原則2時間(前半1時間は説明、後半1時間は質疑応答)
会場
自宅や公民館など、申込者で用意してください(会場が見つからない場合はご相談ください)
申込方法
開催希望日の2週間前までに※申込書 [Word]を市民協働課へ提出してください。
申込の際に、以下の1〜6までをお申し出ください。
1.申込者の名前
2.連絡先(住所・氏名・電話番号)
3.開催希望日(第1希望日・第2希望日)
4.会場
5.テーマ(番号とテーマ)
6.参加予定人数
(注意)次の場合は利用できません。
・政治、宗教および営利を目的とした行事などと一緒に行うもの
・苦情、要望の目的に行うもの
・公序良俗に反するもの
・そのほか、この事業の目的にそぐわないもの



posted by nagashimayuri at 13:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

飯島公園プール

7月1日オープン予定の小坪飯島公園プールを視察してきました。

IMG_5757.JPG

このプールは、老朽化のため長らく閉鎖していましたが、
地元の方からの要望もあり、ついにリニューアルオープンとなります。

晴れた日には江ノ島、富士山も一望できるオーシャンビューのプールです。

IMG_5758.JPG

入場料は大人200円、子ども100円(市内小中学生は無料券配布)の予定ですが、、総工事費は約1億3000万円かかっており、再整備に伴い市外の方の入場料は見直してはどうかという議論も出ています。

今年の夏は、このプールでたくさんの楽しい思い出をつくっていただけたらと思います!
posted by nagashimayuri at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長島有里新聞2013年春号

さて、先週各駅で朝お配りした長島有里新聞春号をUPしました。

http://nagashimayuri.com/doc/yurishinbun_201303

ごみ処理有料化や最低敷地面積についてなど、市民の皆さんとの情報共有を図るため、
できるだけわかりやすく記載いたしました。

是非ご覧いただければ幸いです!
posted by nagashimayuri at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。