2010年07月29日

文化政策

今日は、逗子と鎌倉の映画館を視察してきました。

まずは、逗子市新宿にある「シネマアミーゴ」。
「CINEMA AMIGO」HP http://cinema-amigo.com/
今年の5月に逗子海岸で砂浜で映画を楽しむイベントが
行われましたが、仕掛け人はこちらのお店。
20100421_zushi_v.jpg
私の友人の同級生がオーナーをしています。
お店の中にはスクリーンとスピーカーもあり、落ち着いた雰囲気のカフェで映画が楽しめます。

続いて鎌倉市の川喜多映画記念館へ
こちらはまだオープンして3カ月。
実はこの記念館の中にかなり本格的な映画館があるのです。
「川喜多映画記念館」HP http://www.kamakura-kawakita.org/
100729_1304~010001.jpg
100729_1307~010002.jpg
場所は小町通りの先を行ったところです。先日は戸田奈津子さんが講演に来られてチケットが即日完売したそうです。
夏休みも様々な企画がありますし、資料もたくさんありお子さんの自由研究にもぴったりです。みなさん是非足をお運びください。


文化政策とは、人やまちの潜在能力、新しい魅力を引き出します。
グローバル化の中で世界各国があらゆる分野で激しい競争にさらされる中、
軍事力や経済力のハードパワーではなく、文化などの魅力により相手を魅了するソフトパワーの概念が重視される時代になりつつあります。
近年の中国映画の台頭、ハリウッド映画と競争する力を身につけてきているといわれることにみられるように、日本もこうした国家ブランディングに戦略的に取りくまなければならないと思います。
地方自治体においてもそれは同じことで、今日紹介したような場所が地域のブランド力、文化力をアップすることに寄与していくものと考えます。


posted by nagashimayuri at 19:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

議会活性化推進協議会

昨日は議会活性化推進協議会でした。
議会運営に関する様々な事柄を審議し決めていく委員会です。
昨日は、政務調査費を議会報や市のHPで公開すること、
定例会ごとの議事録はこれまで各議員に冊子で配布されていましたが、
インターネット上で閲覧可能になったことから経費削減と資源の効率化のために希望制で配布すること、などが決められました。
他にも議員定数を次の選挙までに削減の方向で考えていくこと、副議長の一般質問の自粛の撤廃、委員会の傍聴人数の拡大、一般質問の義務化などが議論されました。
しかしながら、この委員会は全会一致ではないと決まらないということになっています。一つの会派でも意見が異なると審議が持ち越しになってしまいます。なかなか全会一致で物事を決めていくのはハードルが高いため、私はまずこの委員会で全会一致から多数決で決められるように変えることが一番の議会改革ではないかと思います。
posted by nagashimayuri at 07:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

岡田監督に市民栄誉賞

昨日はサッカーW杯日本代表の岡田武史監督の市民栄誉賞贈呈式典に参加してきました。
テレビで拝見するより、引き締まっていてきりりとした格好いいオジサンでした黒ハート

岡田監督からは「今回色々な賞をいただいたが、実はこの逗子からの賞が一番うれしい。自分にとって逗子のまちはほっとするところ、癒されるところなんです」という嬉しいコメント。

また地元サッカー少年を前に、サッカーが上手くなるためのコツを3つ教えていただきました。
「1つは、サッカーが好きになること。
2つは、自分で考えて工夫してやること。
コーチがこういったからそのままやるのではダメ。
足の骨、大きさ、みんなちがう。
ボール一つ蹴ることをとってもその人にとってベストなやり方はみんな違う。だから自分で考えてやることが大切。
3つめは、目標・夢をもつこと。
こういう選手になりたいとか、憧れをもつことも大事。」

という貴重なアドバイスをいただきました。
この3つけっこうどんな仕事でもあてはまるのではないかなぁ〜なんて
思いました。


岡田監督お忙しい中ご出席ありがとうございました。
しばらく逗子の街でご家族とゆっくり過ごされてくださいね。
posted by nagashimayuri at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

群読発表会

7月11日までは何かと忙しく(笑)なかなか更新できないので今日はもう一つ書きます。先日私の親戚の友人が鎌倉で予防型生きがいデイサービスの事業を行っているので視察に行ってまいりました。
この日は群読発表会。
群読とは一人や大勢で詩を情緒を込めて読む表現方法です。
普段はゆっくり詩を読むこともほとんどないので、純粋に楽しみました。中原中也や島崎藤村など学生時代に教科書では読みましたが、大人になってこうして群読で聞くと改めて良いものですね。驚いたことは近松門左衛門などの古典を90代の女性が初見ですらすらと読み上げられたこと!先生によると昔の日本の国語教育というのは優れていたため、70代80代の方はこうした国語力の素養が今の若い人よりも段違いにあるとのことでした。
そして群読の後はお楽しみのお弁当です。
スタッフの方が全て手作りで作られます。
これがまた本当に美味しかったです。

今は鎌倉市の地域支援事業の委託事業としてこうした介護予防の様々な活動を続けていますが、当初はまったくのボランティアとしてスタートしたとのこと。スタッフは全員女性。
「男や行政を待っていたって何もしてくれないから!女が志をもって自分達で動きださなくてはだめなのよ」と先輩女性からエールをいただきました。

介護予防事業については先日の一般質問でも取り上げましたが、介護保険制度を利用する高齢者の方が増えたことで保険給付に要する財政負担の増加からこのままでは制度破綻してしまうと、国の方でも介護予防事業に力を入れることで高齢者の方にいつまでも元気でいてもらえる政策へと舵を切っています。
逗子でも高齢化率は現在27.38%に達し、要支援・要介護認定者も2726人と増加を続けている中でいかに生き生きとシニアライフをエンジョイしていただくかが本市にとっても重要課題だと考えます。

100614_1142~01.jpg
群読の加藤絢子先生と
100614_1201~01.jpg
日影茶屋も真っ青のお弁当
posted by nagashimayuri at 15:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景観計画等策定WS

昨日景観計画等策定ワークショップに参加してきました。
すでに10回目を迎える今回は今までの総まとめということで
景観ガイドラインの内容の総まとめと意見交換が主なものでした。
100701_1920~01.jpg

先日の一般質問でも取り上げましたが、新宿地区においては歴史的景観保全地区として今年度9月より景観計画が施行されます。
それと同時並行的に逗子駅周辺でも景観計画を策定し来年度の施行を目指しています。
商業地区ですので、この景観計画の主な目的は4つ。
@壁面後退(歩道との段差をなくす等)
A窓面広告の制限(2階以上の窓の全面広告の制限等)
B建物の外壁の色
C駐車場のフェンスなどの緑化推進
です。
他にも屋外広告物については、色彩の基準等を設けることで県条例よりも一歩踏み込んだ規制になります。


これまで逗子駅周辺の景観政策としては、電線類地中化が進められています。みなさんも市役所前など景観が美しくなったと感じませんか?
「割れ窓理論」というのがありますが・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E3%82%8C%E7%AA%93%E7%90%86%E8%AB%96
電線がなくなったことで景観が良くなり、お店の立替えの時も美しい外観にしようと思う。隣のお店が美しいのでやがてそれが波及していく。
たかが電線と思われがちですが、何か一つが変わっていくことで人々の意識も少しずつ変わっていくのですね。

また、銀座商店街のモデル店舗としては珠屋と松屋があります。
どちらのお店もリニューアルして本当に素敵です。


いずれにしても商店主さんのみなさんのご協力が不可欠なのは言うまでもありません。これまでも約2年間にわたりお店のお仕事を終えられた後会議にご参加いただき商店主さん達には計画の策定にご尽力いただいてきました。
しかしながらこの計画が実効性を持つにはすべての事業者さん達の意識を改革していかなければなりません。また新規に店舗を出そうと思っている方などにも情報共有していく必要があります。
景観計画と言えど景観法に基づいているため、規則に従わなかった場合最大で50万円以下の罰金や氏名公表などの罰則規定もあります。
ですが、当然罰則があるから従ってもらうというのでなく、あくまでも自助努力によって、逗子の顔となる駅前周辺を逗子らしい美しいまちへと変えていくことが目的です。

政治家のポスターが一番景観を壊している?!なんていう意見も出されてしまいましたが(笑)やはり一人一人の意識の持ち方が大事だと思います。今後も逗子らしい自然を感じられる落ち着いた美しい街並み形成に向けて取り組んでいきます。

posted by nagashimayuri at 14:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。